ブログ

RIKUで充電実験③

こちらでは、弊社取扱商品の購入を考える方の「どうやって使えばいいの?」「どんな商品がどれぐらいの時間使えるの?」という疑問に答えるべく、様々な実験を行ってその結果を赤裸々に掲載していきたいと思います!

今回は事務所にある液晶テレビを試してみました。

型式は以下の通りです。

ハイセンスジャパン/43型ハイビジョンLED液晶テレビ

RIKUに接続して何時間液晶テレビを視聴することができるかを検証します。

**********************************************************************

8:30 スタート

テレビの音量は、一般的な家庭で聞く音量に設定しています。(音量:33)

ワットチェッカーを使いテレビの電力使用量を調べると、96.8Wと表示されました。

***********************************************************************

9:30(1時間経過) RIKU残量 90%

テレビの出力はほとんど変わらず96.4Wのままです。

******************************************************************************

12:40(4時間経過)RIKU残量 69%

****************************************************************************

15:30(7時間経過)RIKU残量 38%

電池の一般的な特性ですが、このあたりから一気に充電の減少ペースがあがります。

***************************************************************************

16:30(8時間経過)RIKU残量 9%

ちなみに電圧もかなり下がってきています。

※現在は実験で行っていますが、実際に使用されるときは電池残量が20%以下になったら本体の充電を行ってください。

******************************************************************************

16:40 RIKU残量 0%

ということで今回実験した液晶テレビは、約8時間使用することができました!

ちなみにテレビの出力は、常に96W前後でした。

停電時でもテレビは貴重な情報源となります。RIKUがあるとテレビもしっかり動かすことができて安心ですね。

RIKUは、避難所などでたくさんの方がスマホの充電でお使いになることを想定しています。今後も様々な場面を想定し、検証を行っていきたいと思います。

また、弊社では「この機器はRIKUで使えるのか試してほしい!」というご要望やお問い合わせも受け付けています。HPのお問い合わせフォームよりぜひご連絡ください。

TOP

※ご使用の機器や使用環境により結果は異なってきます。性能を保証するものではありませんのでご了承ください。